塗り替えとは、何か!

 「ただ塗るだけ」
それが塗装だと思ってませんか?実は全く違います!
ここでは、知っているようで知らなかった「塗装の秘密」も含めて、全て教えます。

塗り替えって、どんなこと?

「ただ塗るだけでしょう?」 そう思っている方が多い塗装の世界。
実はそんなに簡単ではありません。最近流行りのフィギアなどは塗装の出来によっては価格が何十万円も違うことだってありますし、自動車だって高級車と大衆車とでは塗料の質から塗装の方法まで、全く違うのです。工業製品でさえも、これだけの差があるのですから、すべて現地施工である建物の塗装は、塗る人によってその出来栄えが全く変わってしまいます。
しかし、塗装と言うサービスを受ける人がこれほど多いにもかかわらず、そのことを説明したモノは本やWebでも意外と少なく、消費者が、だまされるケースは後を絶ちません。そこで、当社では塗り替えについて、皆さんに詳しくお話ししたいと思います。

塗装は傷む!

「家なんか塗らなくって大丈夫だよ!」
と言いながら、せっせと自動車にワックスがけをする人がいましたが、焼き付け塗装であるのに洗車やワックスがけまでしても10年もすると色あせが目立ちます。場合によっては錆が出るなんてことも・・・!
当然、絶えず家を守り続けている塗装も永遠にもつ物ではありません。自然とヒビ割れが発生し、色があせたりしてきます。これは劣化と呼ばれる現象ですが、このような症状が現れている塗装は既に寿命になっています。もし、これを無視しほって置くと家はどうなるでしょう?・・・間違いなく寿命が短くなります・・・。木造住宅なら 思わぬところから水がさし、気づかない内に柱を腐らせたりします。ごくたまに割れて剥がれたり、磨耗して塗膜がなくなるまでは大丈夫だと考える方がいますが、そこまでほって置かれた家は大掛かりな修繕が必要です。家を長持ちさせるには早め早めのお手入れをすることです。

塗り替えで戻る!新築の輝き

正確に診断をし、正確に補修をして、適切な工法で塗り替えれば「塗り替え」で新築の様にすることが可能です。しかし、「ただ色を塗り替えるだけ」では、そのようになることは決してありません。一見してキレイになると満足してしまいがちですが、それは「本当の塗り替え」とは言わないのです。
くどいようですが、塗り替えてキレイになるのは当たり前です。当たり前なのに、ただキレイになっただけで満足してませんか?本当に良い塗り替えは「キレイになる+α」でなければなりません。毎日の事でないからこそ、良い塗料を良い技術で施工してもらいたいものです。家相から言っても良い塗り替えは吉相です。手抜きや下手な仕事では家の気運もパッとしません。上手な仕事で「最高の気運を手に入れる」そんな事も可能なのではないのです!

 

ページ上部へ戻る