去年の雪害(自社)をやっと直しています。

 昨年の大雪で当社の建物も被害を受けました。
すぐにでも直したかったのですが、建物の状態を維持するのが業ですので、当然、被害にあわれたお客様の工事を優先いたしまして、昨年いっぱいは手も付けられませんでした。年が明けても、お約束していた工事があったので、それを片付けてから春になる前にと、思い切りまして今ごろ直しております。 実はけっこう大きな被害がありました。屋根に設置してあったエアコンが落ち、それに引っ張られて外壁が壊れる(穴が開きました)という事態で、この1年以上、外壁は応急処置のまま過ごしてきました。

 ただし、応急処置といってもテープでふさいだだけの状態で、ちょっと強い風が吹いたり、横殴りの雨が吹くとヒヤヒヤしておりました。エアコンが落ちたので、当然です雨トイ(軒樋)も壊れ、役をしていませんでしたので、雨が降ると屋根から雨水が直接落ちてきていました。

 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、当社のグループ会社に不動産会社があります。この1年で、その業務が増えて来たので、この機会に弊社の1階部分を改装し、そこに不動産会社の事務所を移すこととし、大幅に工事を行うこととしました。
とはいえ、各協力会社さんたちのムリなお願いをしていますので、基本的に手が空いたときに工事をしてもらいましたので、通常ならば2~3週間もあればゆっくり終わる工事内容なのですが、なんと1か月半以上かかりまして、やっとカタチになりました。その工事の仕上げを今自社で行っているという訳です。

20年以上ほおっておいた外壁(金属サイディング)ですので、大まかなケレンを行った後に高圧洗浄を行い、乾燥させて(1日おいて)から本格的なケレンと悪くなったパーツ(換気フードなど)を取り外してから、高性能な防錆プライマーを全面に塗りました。今、ここまで出来ました。 この後は、質の良い高耐久のシリコン樹脂塗料を2度塗って、取り外したパーツを新しいものにして清掃したら完成します。

関連記事

ページ上部へ戻る